CONTACT
閉じるアイコン

Adseed

インタラクティブ受託開発

新規サービス向け
対話型開発ソリューション

インタラクティブ
受託開発

装飾
円装飾 円装飾 円装飾

なぜ「対話(インタラクティブ)」
を重視するのか

新規サービス開発においては
理想のプロダクトの姿が開発開始段階で
詳細まで固まっているケースは、ほとんどありません。

そのため、依頼主であるお客様と作り手である開発会社が
きちんと密に質の高いコミュニケーションを取りながら
一緒に作り上げていくことが
最高のサービスを生み出すための必須条件だと考えています。

そのような顧客志向での対話が可能な
「しゃべれるエンジニア集団」であるアドシードだからこそ提供できるのが
インタラクティブ(対話型)受託開発です。

よくある悩み

QUESTIONS

一般的な受託開発との違い

COMPARISON

インタラクティブ受託開発

一般的な受託開発

01

仕様作成

男性が会話している画像

主な内容

  • ある程度固めて、あとは開発しながら対話をしつつ詳細を詰めていく

ポイント

  • この時点でコンサル会社に頼まないためかなりのコスト削減
  • 最低限必要な部分に絞るため、短期間で完成
男女が会話している画像

主な内容

  • ベンダーに抜けもれなく仕様を伝えるためコンサルティング会社の協力を得てRFP(提案依頼書)を作成

ポイント

  • じっくりとボリューミーなドキュメントを作成
02

見積もり

お金画像

主な内容

  • 現時点で考えられる仕様から概算の予算を設定し開発の内容や進捗と予算の消化分を共有しつつ開発を進める。予算が足りなくなった際は都度、ご相談の上、補充していく。

ポイント

  • 無駄なコストのない開発が可能
  • 開発の進捗が共有されるため、納得と安心の投資が可能
閃き画像

主な内容

  • 作成したRFP(提案依頼書)を元にベンダーの選定。

ポイント

  • 選定や見積もり期間でタイムロスが発生
  • ベンダーへの伝え漏れがあるとベンダー独自の解釈で開発が進む
03

契約

準委任契約

ポイント

  • 開発ボリュームや期間の調整ができ、柔軟な仕様変更への対応が可能

請負契約

ポイント

  • 決まりきった仕様を前提に開発を進めていくことになるため、仕様変更が発生した場合、高コストになるリスクがある
04

開発

オンラインミーティング画像

主な内容

  • 依頼主との対話を重ねながらアジャイルでの開発を進めていく

ポイント

  • 開発過程と予算の消化率も共有するため柔軟な仕様変更も都度対応可能
メール送受信画像

主な内容

  • RFP(提案依頼書)を元にベンダーが開発

ポイント

  • 出来上がりが思っていたものと違ってしまっているリスクがある
  • 仕様変更が必要な際は、別途見積もり
05

コスト

準委任契約

ポイント

  • 開発過程と予算の消化率も共有するため柔軟な仕様変更も都度対応可能

請負契約

ポイント

  • 出来上がりが思っていたものと違ってしまっているリスクがある
  • 仕様変更が必要な際は、別途見積もり
06

スピード

アジャイル開発

ポイント

  • 必要最低限の仕様固めを行った上で対話を重ね依頼主との認識のズレを無くしつつ開発するため、無駄が無くスピーディー

ウォーターフォール開発

ポイント

  • RFP(提案依頼書)の作成期間や完成したシステムをチェックし、仕様変更が発生することも加味すると時間がかかってしまう

一般的な受託開発との違い

COMPARISON

01 仕様作成での違い

インタラクティブ受託開発

男性が会話している画像

主な内容

  • ある程度固めて、あとは開発しながら対話をしつつ詳細を詰めていく

ポイント

  • この時点でコンサル会社に頼まないためかなりのコスト削減
  • 最低限必要な部分に絞るため、短期間で完成

一般的な受託開発

男女が会話している画像

主な内容

  • ベンダーに抜けもれなく仕様を伝えるためコンサルティング会社の協力を得てRFP(提案依頼書)を作成

ポイント

  • じっくりとボリューミーなドキュメントを作成

02 見積もりでの違い

インタラクティブ受託開発

お金画像

主な内容

  • 現時点で考えられる仕様から概算の予算を設定し開発の内容や進捗と予算の消化分を共有しつつ開発を進める。予算が足りなくなった際は都度、ご相談の上、補充していく。

ポイント

  • 無駄なコストのない開発が可能
  • 開発の進捗が共有されるため、納得と安心の投資が可能

一般的な受託開発

閃き画像

主な内容

  • 作成したRFP(提案依頼書)を元にベンダーの選定。

ポイント

  • 選定や見積もり期間でタイムロスが発生
  • ベンダーへの伝え漏れがあるとベンダー独自の解釈で開発が進む

03 契約面での違い

インタラクティブ受託開発

準委任契約

ポイント

  • 開発ボリュームや期間の調整ができ、柔軟な仕様変更への対応が可能

一般的な受託開発

請負契約

ポイント

  • 決まりきった仕様を前提に開発を進めていくことになるため、仕様変更が発生した場合、高コストになるリスクがある

04 開発での違い

インタラクティブ受託開発

オンラインミーティング画像

主な内容

  • 依頼主との対話を重ねながらアジャイルでの開発を進めていく

ポイント

  • 開発過程と予算の消化率も共有するため柔軟な仕様変更も都度対応可能

一般的な受託開発

メール送受信画像

主な内容

  • RFP(提案依頼書)を元にベンダーが開発

ポイント

  • 出来上がりが思っていたものと違ってしまっているリスクがある
  • 仕様変更が必要な際は、別途見積もり

05 コストでの違い

インタラクティブ受託開発

準委任契約

ポイント

  • 開発過程と予算の消化率も共有するため柔軟な仕様変更も都度対応可能

一般的な受託開発

請負契約

ポイント

  • 出来上がりが思っていたものと違ってしまっているリスクがある
  • 仕様変更が必要な際は、別途見積もり

06 スピードの違い

インタラクティブ受託開発

アジャイル開発

ポイント

  • 必要最低限の仕様固めを行った上で対話を重ね依頼主との認識のズレを無くしつつ開発するため、無駄が無くスピーディー

一般的な受託開発

ウォーターフォール開発

ポイント

  • RFP(提案依頼書)の作成期間や完成したシステムをチェックし、仕様変更が発生することも加味すると時間がかかってしまう
CONTACT

.CONTACT US

CONTACT CONTACT
お問い合わせ