logo

システム開発の株式会社アドシード

image_03

CEO message


picture

代表取締役CEO 齋藤 一望

1977年生まれ。新卒で大手SIerに入社し、中小企業向けERPパッケージ開発に従事。 その後、株式会社ラクスにて楽楽精算を立ち上げる。その他、対戦型オンラインゲーム、グループウェア、レストラン・美容系予約ポータルサイト、電子チケットアプリ、飲食店特化型求人サイトなど幅広い分野のサービス立ち上げを経験。 ベンチャーを4社経験する中で、役員として経営にも携わるように。

社員がワクワクしながら働ける、そんな会社を自分の手でつくりたいと2016年6月にアドシードを設立した。
趣味は子供と過ごすこと。特に家族旅行が大好き。

初めは強い信念を持ってできるものが見つからなかった

もともと新卒で最初の会社に入ったときから漠然と起業したいという想いは持っていました。ただ、当時は強い信念を持ってやれるほどのものが見つからなかったんですね。それからいくつかの会社を経験し、ありがたい事に重要なポジションも任せていただけるようになり、自分のやりたい事がはっきりと見えて、「起業したい」という想いが沸々と湧いてくるようになったんですね。

かゆいところに手が届くサービスを作り、ユーザビリティを限界まで高める

私がやりたいことは2つありました。
一つは、サービスを使う側の立場で、本当に使い勝手が良い、かゆい所に手が届くサービスを作る事です。 当時私は、作業効率をアップさせるシステムを作る事に快感を覚えていました。 他の人が2時間掛けて作った資料を、VBAを使った自作ツールで1時間で作るなどです。そうやってできた時間で良くサボって、情報収集の時間にあてていたりもしました(笑)
そして、色々なサービスを、使う側の立場に立って改めて検討した時、どれもシステム的にかゆいところにまだまだ手が届いていない、もっともっとユーザビリティを高められると思ったのです。

ワクワクしながら働ける会社を創りたい

もう一つは、私はサービスを開発するとき、いつもワクワクしていました。 どんなサービスでも解決したい課題ややりたいことがあって、それを自身が開発したサービスで解決できたらと思うと、ワクワクが止まらなくなるんです(笑) なので、サービスの目的にそぐわない機能や、不足している機能は、どんどん提案して改修を行っていました。それもあって、お客様との関係は良好でしたし、開発していることに対して辛いと思うことはあまりありませんでした。 しかし、周りの多くのエンジニアは違いました。 皆、辛そうに開発をしていて、プロジェクトの炎上話をたくさん聞きました。 本来楽しいはずの開発で、苦しむ事になってしまうのはすごく不幸だと思います。 そしてそれを無くすためには、開発を行うエンジニア自身がワクワクしながら働く事で、より良いサービスを作る事ができると思ったのです。

家族と仲間が背中を押してくれた

やりたい事は見つかったのですが、それでも起業するにあたり、色々と葛藤はありました。 一番は年齢(家庭環境)です。なんだかんだとしているうちにアラフォーになっていましたし、すでに家族もいました。先の長い20代30代に比べれば、やはりリスクを取るのがためらわれます。 しかし、「やってみたら?」という妻の後押しと、「一緒にやりたい」と言ってくれた現CTOの鈴木のおかげで最後の一歩が踏み出せ、今に至ります。 本当に二人には感謝しています。

            
picture

種を撒いて、育てていく

アドシードのアドは広告ではなく、「add=加える」のほうで、“種を加える”という意味をこめています。正直なところ、エンジニアリングはすぐには成果が出ません。サービスを立ち上げるときに一番最初に大事なことは、サービスのコンセプトに共感してもらうことや、マーケティングだったりします。開発した製品の品質や使い勝手などはその後に力を発揮し、サービスがより大きく育つための土台となります。我々がやっていることはそういった土台となるべき種をしっかりと撒いて育てていくことだと考えています。

AIに負けないプロフェッショナル集団となる

弊社は「AIに負けないプロフェッショナル集団となる」をビジョンに掲げています。 そして突然ですが、私は開発が好きです。 ただ、プログラミングは最初の1年で飽きてしまい、あまり好きではなくなっていました。 私自身、この感覚は矛盾しているように思っていました。 これを深堀りして分析していったところ、開発するというのは「どういった課題を、どうやって解決するシステムを作るかを考えることが好き」で、プログラミングするというのは「仕様書に則ってプログラミングをすることが嫌い」だということに気づきました。

前者は主に設計と基盤となる部分のプログラミングを指しています。 これらは非常にクリエイティブな作業でとても難易度が高いです。 後者は、前者で作られた基盤の上に行うプログラミングで、仕様書に書いてある通りにプログラミングを行います。 誤解を恐れずに言うと、後者は仕様が決まっていればやるべきプログラミングの内容もほぼきまってしまうため、考えるというよりは知識を使った単純作業と感じてしまっていました。

単純作業はシステムに取って代わられます。 条件(ルール)に則って、作業が決まるものであればシステム化することは可能です。 後者は近い将来、システムが対応していくと思われます。 そのため、弊社では前者ができるエンジニアを目指して育成しています。

            
picture

セルフマネジメントできる組織を目指す

社員がワクワクしながら前のめりに働ける会社にしたいと思っています。 先にもお話した通り、私は開発しているときワクワクしていました。 これは簡単に言うと「自分事」としてサービスの開発を行っていたからだと思っています。 自分事として開発ができると、誰かの指示を待ったり、指示だけに従って仕事をしたりしなくなります。 セルフマネジメントができるようになってきます。 各人がセルフマネジメントによって、自身の役割を全うする。そうすることでチームとして機能していき、一人ではできなかった大きなことができるようになっていく、そんな組織にしたいと考えています。

私自身、代表を務めていますが、本来2番手にいることが一番能力を発揮できると思っています。 なので、「社員がメインで活躍する会社」を目指し、私自身は「最高の黒子になる」ことを目指しています。

一緒に会社づくりからチャレンジしませんか?

アグレッシブに仕事をしたい人、情熱を持っている人と一緒に会社をつくっていきたいと思っています。

当社は小さな会社ですし、仕事の枠を決めてしまうようなこともしていません。 私自身、精算システムのサービス立ち上げに携わったときは 開発チームのPMの枠を越えて営業活動を積極的に行っていました。 そうすることで、エンジニアとして開発に関わるだけでは気づけなかったことを知り、 視野の広がりや自分のアイデアの引き出しが増えていったものです。 自ら枠を決めずにいろいろなことに挑戦してもらいたいという気持ちは仕事だけでなく会社づくりでも同様です。

将来独立を考えていても構いません。是非一度、アドシードで会社づくりにチャレンジしてみてください。 若いうちから経営に触れられる経験はなかなか得られません。その経験は将来、必ず役に立つはずです。

当社は、メンバーの意見を待っています。
会社を良くするには、お客様の期待に応えるにはどうすればいいか、 この疑問を自分に投げかけ続けて、みんなで新しいアイデアや意見を出し合いながら、 一緒にアドシードの未来を築いていきましょう。